パーソナルカラー

「似合う色」を使いこなしてキレイになる!

パーソナルカラー

あなたの魅力を引き出す色。それがパーソナルカラー。

パーソナルカラーは、あなたの生まれ持った色素と調和し、
瞳や肌を輝かせてくれます。

1.パーソナルカラーを知らないのは本当にモッタイない

ご存知ですか?

服は太陽や照明の光を受けて、常にあなたの顔を照らしていることを!

ですから、服の色がお顔の色素と調和するかしないかで、印象が大きく変わるのです。

次の2枚の写真、元気で活き活きとして見えるのは・・・
右ですね!

パーソナルカラー

左:調和しない色の布&メイク

右:調和する色の布&メイク

パソコンのモニターでは肉眼で見るほどには差が伝わらないかもしれませんが、
左はどことなく精彩に欠け、ほうれい線やクマが濃く見えます。

服を着ないで過ごす人はいないのに、その色の反射を意識して服を選んでいる人はまずいません。
義務教育では教えてもらえないのですから。

知っている人だけがその力を使いこなして、キレイになれる――
人生の必修科目人とも言えるのが、パーソナルカラーなのです。

2.パーソナルカラーとは?

頬の赤みは、黄みのあるサーモンピンクと、青みのあるローズピンクとに分けることができます。

サーモンピンク は、「ピンク+イエロー」でできるので「イエローベース」、
ローズピンク は 「ピンク+ブルー」でできるので「ブルーベース」といいます。


4シーズン「春・夏・秋・冬」

この2つのベースを更に「明度」「彩度」の条件で2分割にしたのがパーソナルカラーです。

親しみのある四季「春・夏・秋・冬」の名で呼びます。

この4グループのうち、いずれかがあなたに似合う色のグループ、パーソナルカラーなのです。

パーソナルカラーが分かると、カラーコーディネイトが楽にできるので、服や化粧品に迷うことが
なくなります。

○明度と彩度

明度とは―
分かりやすくいうと、色が濃いか薄いか。
薄い→明度が高い、明るい濃い→明度が低い、暗い彩度とは―
分かりやすくいうと、濁りが有るか無いか。濁りが有る→彩度が低い、穏やか濁りが無い→彩度が高い、鮮やか


パーソナルカラー

イエローベース

パーソナルデザイン

『春』

鮮やかで明るい、エネルギッシュな雰囲気

明度=高い  彩度=高い

パーソナルデザイン

『秋』

穏やかで深い、リッチな雰囲気

明度=低い  彩度=低い

ブルーベース

パーソナルデザイン

『夏』

くすんでいて明るい、エレガントな雰囲気

明度=高い  彩度=低い

パーソナルデザイン

『冬』

鮮やかでコントラストが高い、シャープな雰囲気

明度=とても高いか、とても低い  彩度=高い


3.どうやって診断するの?

パーソナルカラー診断は、受診者にさまざまな色み、彩度、明度の布をあてていき、その顔映りの
変化を観察、分析して行います。

パーソナルカラー理論に基づいてきちんと染められた布をあてると、第三者が驚きの声をあげるほど顔映りは変化します。

似合う色をあてると顔色がパッと良くなり、似合わない色をあてるとその輝きが消えます。

○パーソナルカラーの効果

目がキラキラ輝く顔色が良くなるフェイスラインがすっきり見えるシミ、くま、くすみが目立たなくなる髪に艶がでる

○所要時間は約20分

パーソナルカラーは日焼けや加齢、出産などで変わりませんので、1度受診すれば生涯活かし続けることができます。

パーソナルデザインへ>

ページトップへ>